【不安解消】転職で悩んでいる時のおすすめの行動

【不安解消】転職で悩んでいる時のおすすめの行動

こんにちは。フミヤ(@FMYHSGW)です。

・転職の進め方が分からない
・転職するって勇気がいるし、不安…
・どう解決すれば良いか分からない

こういったお悩みに答えます。

本記事の内容
・転職で悩んでいる時のおすすめの行動
・転職にリスクがない理由
・迷った時に使える思考法

著者の経験
この記事を書いている私は、NTTドコモで新卒から8年勤め、
30歳のタイミングで無名のITベンチャー企業に転職しました。

本記事を書こうと思った理由
私自身が大企業にいた時、「転職すべきか?」について悩んでいました。
自分と同じような経験をしている人が多いのでは?と思い、
この記事を書くことに決めました。

転職で悩んでいる時のおすすめの行動

悩んでいることを紙に書き出す

まずは、簡単にできることからスタートです。
あまり気負わず、ラクにいきましょう。

最初に取るべきアクションは、
悩んでいることを箇条書きで紙に書き出すことです。

例えば
・自分のやりたいことが見つからない
・今の会社はなんとなく不満
・金持ちになりたい

というように、包み隠さず本音で全てをさらけ出しましょう。

特に綺麗な言葉にする必要はありません。
心の中のモヤモヤを言語化することで、自分の気持ちを棚卸します。

この時のポイントは、丁寧に書きすぎないことです。
メモ感覚でガンガン書き出しましょう!
安心してください。そこにはあなたしかいません。

周囲に相談する

誰に相談すべきか?

まずは検討している業界に精通している人に話を聞きにいきましょう。
自分の知り合いに、相談できる人は誰がいるのか?
一度リスト化して洗い出すのが良いでしょう。

具体的に検討している企業があるのなら、
その企業に勤めている人に連絡を取りましょう。

場合によっては、FacebookやTwitterなどで
アプローチするのも一つの方法です。
知り合いで「仕事熱心な人」「偉い人」「顔が広い人」がいれば迷わずアポイントを取ってみましょう。

どのように相談すべきか?

相談したいことを明確にしましょう。
書き出しておいた悩みリストをベースに相談しましょう。

何もない状態で相談するよりも、何かしらドキュメントに
まとめておくことをおすすめします。

常に相手に貴重な時間をもらっていることを忘れてはいけません。

メンターを作る

周囲に相談したら、次はメンターを作りましょう。
メンターとは、「自身の仕事やキャリアの手本となって、助言・精神的なサポートしてくれる人」を指します。

今後のキャリア設計に向けて、長期的に相談できる相手を作っておきましょう。

メンターにする相手は
「ありのままの自分をさらけ出して話せる相手か」
「自分の相談を親身になって聞いてくれているか」が重要です。

できれば自分の仕事に関わっていない、
フラットな立場でアドバイスをくれる人を選びましょう。

転職にリスクはありません

転職にリスクはありません。あなたが少しでも現在の会社に対して
違和感を抱いているのであれば、今すぐ転職すべきでしょう。

一昔前までは、大企業に入社し、
そのまま定年まで勤める終身雇用が良しとされてきました。

しかし今や、その常識は、常識ではなくなっています。
まず、この事実に気づくということだけでも第一歩だと自分を褒めてください。

リスクがない理由

転職した後に起きる最悪の状態とは、どのような状態でしょうか?
何かしらの理由でリストラにあい、
ホームレスになって餓死することでしょうか?

現在の日本において、そんなことありますか?
最悪、実家で生活すれば死ぬことはありません。

むしろ、大企業にいる方がリスクだと考えています。
なぜそう言えるのか?についてもご説明します。

なぜ大企業を辞めたのか

「このまま会社にいては大きな成長が期待できない」
「世の中の変化に置いていかれてしまう」
という強烈な危機感に襲われました。

具体的なエピソードとしては、
とあるベンチャー企業の担当者と一緒にプロジェクトを遂行した際に、
圧倒的なスキルの差を感じ、自分の未熟さを思い知りました。
同い年なのに、こんなにも違うのかと…。

「個」の時代と言われている今、
転職せずに残り続けるほうが、どう考えてもリスクでした。

なぜなら、大企業は仕事内容が仕組み化されているため、
会社のほんの一部分の作業しか経験できないからです。
一歩外に出た時に、そのスキルが利益を生み出す可能性は非常に少ないです。

限られた時間、限られた人生であなたはどのような選択をしますか?

迷った時に使える思考法

私が転職で悩んでいた時に考えた、独自の思考法をお伝えしていきます。

ハートの針を抜く

あなたは小さい頃に「将来の夢は?」と聞かれたら、何と答えていましたか?

明確に「サッカー選手!」と答えられていたのでないでしょうか?

小さい頃は夢を語っていたのに、大人になるにつれ、
いつの間にか現実を目の当たりにし、夢を語らなくなってしまいます。

生まれた時には何も刺さっていなかったハートも、
「世間の常識」「親の意見」「年収」「会社の評価」などという
無数の針が刺さり、とうとう抜けなくなってしまいます。
しかし、今からでも遅くはありません!今すぐその針を抜きましょう。
全ての針を抜いて、シンプルに自分がやりたいことを今一度考えてみましょう。

仮に、今の自分が置かれている条件を全て取っ払って、

どんな仕事がしたいか?

と聞かれた時にあなたは何と答えますか?
今からでも遅くありません。童心に帰って、夢を見ましょう。

最後に

とは言いながらも、私自身、転職する時は死ぬほど不安でした。
あなたが不安な気持ち…、本当によく分かります。

世間的には一生安泰と言われたNTTドコモをやめて、
多くの人から反対されました。しかし、今となっては、
「間違いなく転職して良かった」と心の底から思っています。

大事なことは「一歩を踏み出せるかどうか…」それだけです。
自分の人生は自分で決めましょう。

まだまだお伝えしたいことがたくさんありますが、
長くなってしまうので、次回の記事でお伝えします。

この記事が、あなたにとって、少しでも有益な情報となっていたら嬉しいです。

もし、何かご質問したいことなどあれば、Twitterからご連絡ください。
フミヤ(@FMYHSGW)

転職で悩んでいる方、自分の人生に迷っている方に対して、簡単なアドバイスくらいはできるかと思います。よろしくお願いします。